[Another-001*セカイの今(Canada編)]

先日カナダにいる友人から送られてきた写真です。

カナダ(ウィスラー)では、公共施設の閉鎖、6フィートの確保、バス利用料無料、失業保険などの措置が取られているそうです。

自粛自粛と耳にしますが、具体的にどうすべきなの?どんな対策をとればいいの?と不安な方も多いと思います。

Case0028の動画でも触れられていた「Social Distancing(=人混みを避ける)」について、非常に分かりやすい資料を見つけたので共有します。日常生活上における具体的なアドバイスが掲載されています。

https://www.canada.ca/content/dam/phac-aspc/documents/services/publications/diseases-conditions/social-distancing-infograph/social-distancing-infograph-eng.pdf

(以下参照)

皆が一緒に、お互い物理的な距離を保つよう意識的に努力することによって新型コロナウィルスの拡散を遅らせることができます。

Social Distancingは、発生中の病気の蔓延を減らす最も効果的な方法の1つであることが証明されています。
忍耐と協力があれば、私たち全員がその役割を果たすことができます。

他の人との濃厚接触を最小限に抑えるために、日常生活を次のように変更してみてください。

・混雑した場所や重要でない集まりを避ける
・握手などの一般的な挨拶を避ける
・リスクの高い人々(高齢者や健康状態が悪い人々など)との接触を制限する
・他の人から少なくとも2本の腕の長さ(約2メートル)の距離を保つ。

Social Distancingの実践方法は次のとおりです。

・握手、キス、抱擁の代わりに腕を振って挨拶する
・食事や娯楽を含め、可能な限り家にいる
・オフピーク時に買い物をしたり公共交通機関を利用したりする
・オンライン会議を実施する
・子供とは家の中でできる遊びをする
・テクノロジーを使用して友人や家族と連絡を取り合う
・食品配達サービスまたはオンラインショッピングを使用する
・自宅または屋外での運動
・在宅勤務

忘れないで!

・手洗いは最低でも20秒、手は顔に触れないように
・咳やくしゃみは手を使わず、腕を曲げてすること
・人が頻繁に触るところには触れない