みんなのコロナ(みんコロ)とは?

  

「みんなのコロナ」という取り組み

新型コロナウィルスに対する当社の取り組みとして、     

たくさんの人にとっての、”わたし×新型コロナウィルス”というテーマで

動画を集めるサービスを開始しました。

 

みんなのリアルな声と表情を集めて、このWebサイトやSNS・Youtubeで広める中で、

”何か”が生まれるならと思い、私たちにとってできる活動として立ち上げたサービスです。

 

私たちはこれまでビジネスマンとしてしっかりと収益のスキームを作りながら活動してきました。

もちろん失敗はあれど、そのスキームを指標として活動してきたわけです。

 

しかし、今回のような想定外のことが起きた今、“想定を超えるもの”を世の中に打ち出さねばなりません。

そういった状況で、通常通りのスキームを作って…そんなやり方では、世の中に打ち出せるものは生まれづらいのが現実です。

 

今回のサービスはみんなのコロナ

ですから会社の利益や通常時の活動方法・想定や私たちの色を土返しまでは

できませんが、できる限りフラットに扱った、

みんなが参加するプラットフォームとして育てたいと思っています。

 

誰もが参加できるプラットフォーム

みんコロという名前の畑だけ当社がつくり、今後、何が耕されるのか、そして何が出荷されるのかが

「?」となってるということに面白味と、チャンスがあると思います。

誰かの色、そして誰かの仲間達の色が加わることは素晴らしい働きです。

 

これは私たちの考えです。

この新型コロナウィルスの影響により、これから最低でも1年以上は全世界をめちゃくちゃ

すると考えています。

これまであったたくさんの日常を殺し

そして新しい日常をつくるとても大きな威力を持っているものだと考えています。

 

その時、新しい日常を引っ張るのは私たちの世代。

そして、その中で実際に暴れ回るのはさらに若い世代だと思います。

 

わたしたちに何ができるか

「マスクが2枚で足りない」とか、「国から30万もらえる?もらえない?」

などと言っている場合ではなく、“ここから新しい世界にどう対応していくか?”

という大きな問題が今目の前に在ります。

 

言うまでもなく、直近の対処はコロナウィルス感染拡大の阻止と、資金の確保です。

これは少なからず、国がやれる、いや、国しかやれないことです。

 

私たちにできることは、その後の時代。

“変わってしまった時代に対して何が出来るか?”という行動の話です。

 

“自分たちが主人公”だと、本当に思えれば何でもできます。

世の中を斜めに見るのではなく、真正面から受け入れていけば大体のことに対応していけるんだと思います。

 

みんなが笑顔になる世界。

それはみんなが主人公だと考えて動いた先に在るものだと思います。

そんな人が集まって、”みんな”になれば凄い事が生まれます。

 

先進国はその国の国民が先に進もうとしてはじめて成り立ちます。

実質的な意味で、今の日本が先進国なのか後進国なのかはよくわかりませんが、

私たちが主人公です。

今と戦い、そして先に進みましょう。